日本酒の蔵元紹介

五橋 山口県 酒井酒造

昔から「山は富士、滝は那智、橋は錦帯」と歌われた『錦帯橋』は日本三名橋の一つです。五橋は、この山口県最大の清流「錦川」の伏流軟水を使用して製造しています。

酒井酒造のある山口県岩国市は、瀬戸内海の魚介類、錦川の鮎、中国山地の山の幸等、旨い食材がたくさんあることで有名な街。旨いものがある土地には必ず、伴った旨い酒が存在します。明治4年(1871年)、この素晴らしい風土に五橋は創業し、長年全国にファンを持つ素晴らしいお酒を造り出しています。


お酒を口に含めば、良い水と素晴らしい米、そして優れた技術者の三位一体のみが生み出す味わいの深さが感じられます。さらに安定した品質は、最新の機械設備によって維持されています。


酒井酒造では早くから、コンピュータや機械設備による最新の醸造技術を取り入れ、誰もが目指す「ローテク(伝統の酒造技術)とハイテク(最新の機械設備)の相乗効果」を実現しています。


軟水仕込み特有のソフトで香り高いお酒に、杜氏・大津杜氏と山口県出身の蔵人が丁寧に命を吹き込んだ逸品を、ぜひご堪能ください。


http://www.gokyo-sake.co.jp/