日本酒の蔵元紹介

大山源蔵 山形県 加藤嘉八郎酒造

かつて本格的な酒造りが始まった江戸時代初期に、数十軒の酒蔵が軒を連ねた山形県大山。広島の西条、神戸の灘と並び「東北の小灘」とも言われたこの地に、明治5年に創業した加藤嘉八郎酒造は、現在、大山を代表する酒を製造しています。


鳥海山・出羽三山等に囲まれ、その伏流水と最上川など豊かな水に恵まれた大山は全国でも有名な米どころです。酒質を向上させる為の機械化を早くから進めた加藤嘉八郎酒造は、全国新酒鑑評会、東北清酒鑑評会、モンドセレクションなどで数々の金賞受賞の実績を持つ酒を造り出しています。


ホームページの中に『発酵中の菌たちの「ためいき・といき」に耳をすませて、人と酒、人と人の「調和」を醸しだすような酒造りを行っています。』との記述があります。
加藤嘉八郎酒造の「酒は大山 愛の酒」というキャッチフレーズ通り、酒に聞き、酒に語り、酒を育むきめ細やかさが秀逸な酒を世に送り出しています。


絹のようにきめ細やかな口当たりと、濃醇でなおソフトなふくらみを感じさせる味わいが調和した辛口の純米原酒『大山源蔵』をご用意致しております。ぜひ、ご賞味下さい。

http://katokahachiro.web.fc2.com/